2008-12-26

はじめての・・・。

はじめての・・・。

日時:2008年11月30日
場所:寺家ふるさとの森

秋晴れの中、ベンチャースカウトプログラムの開始です。
午前中は各ポイントにて基礎のお勉強?
ポイント1・・・ロープワーク
ポイント2・・・災害時の持ち物
ポイント3・・・救命方法
ポイント4・・・地図を見ながら避難経路の確認

午後は午前に行ったポイントの復習
ポイント1・・・川の向こうのDLを救え(ロープ以外の物を繋ぎ、結び方を復習)
ポイント2・・・担架を作りけが人を運べ!(自分達の衣類で担架を作成)
ポイント3・・・意識不明の人の応急処置
ポイント4・・・・バケツリレー(バケツの中の水をこぼさずにリレー)

紅葉のキレイな寺家の森をカブスカウト達は景色を見ることなく、活動に没頭していました。

《ベンチャースカウト》
(MK)
今回のCSラリーにおいて、災害時の対応、そして『ちかいとおきて』をカブスカウト達に体感してもらえた事は、非常に大きな成果だったと思います。プログラムの計画に慣れていなかった事もあって、企画を始めてからラリー当日まで実に数ヶ月もかかってしまいましたが、何とかこのラリーを成功させる事が出来たので、企画で苦労した甲斐があったなと思いました。ただ、今回のラリーが完全に上手くいったという訳ではなく、反省すべき点も多く見つかったので、そういった反省は今後のプログラム計画に生かしていければと思います。最後に、今回のプログラムに協力して下さった支援者の方々にこの場を借りてお礼申し上げます。
(KT)
今回の集会では、午前中にまず救急法についてカブスカウトたちに教え、午後にそれを実践するためのゲームをしました。僕たちのところでは「歩いてるときなどにけが人と遭遇したときどう救助するか」を教えました。
みんな午前中にやることを覚えて、午後のゲームではどのスカウトもみんなある程度できていました。今回学んだことが今後役に立ってくれたらうれしいです。
(OA)
とても疲れました。ですが、とても楽しかったです。今回の活動では僕はカブスカウト達にロープワークを教えてその結びかたの実践法やどういう場面に遭遇したらその結びかたは有効かなどを教えることになりました。最初の方は、カブスカウトなので、まだ人の話をしっかり聞くのは難しいんじゃないか、一つの結びを教えるのにどれくらい時間がかかるのだろう、など不安を感じていました。
ですが、そんな不安を感じさせないようなスカウトのできばえでした。みんな個人差がありながらロープ結びをマスターしていってくれましたし、「これ隊長が言ってた!!」などですいすい終わってしまうくらいの子もでてきたりと時間に余裕ができすぎちゃったりするスカウトもいました。
そしてゲームでは、木に薪結びをする組はなかったのですが、自分にもやい結びをする組などいたり、最後の山田さんの話で質問された時、僕が言っていた事を言うスカウトなどいてとても嬉しかったです。
またスカウトに自分の技術教える機会などあればじゃんじゃん教えて行きたいです!
(TD)
午前は、ウサギスカウトに二種類の結び方を用途までしっかり教える事ができた。午後のゲームでは各組協力してできていた。が、時間制限に気を取られていて、結び方にまで気を回す余裕はなかったようだ。
自分はウサギスカウトに二種類の結び方を教えたが、どのスカウトも習得できて良かった。午後のゲームは皆寒い中上着を脱いで頑張っていた。スカウト達は楽しくできてたみたいで良かった。

《カブリーダー》
今回の活動において、ご協力いただきました団員の方、保護者の方、デンコーチ(ボーイスカウト)の皆さん アリガトウ御座いました。
そして、この企画を計画してくださいましたベンチャースカウトの皆さん、本当にありがとうございました。

1 件のコメント:

アウトドア さんのコメント...

はじめての‥‥お疲れ様でした。
防災ゲーム皆楽しんでいましたね。
備えよ常に!を実践していました。計画作成VS隊ご苦労さまでした。